「行け。トリノで上手くやれる」 ”構想外”だったハートに移籍勧めたレジェンドとは

イタリアを知る者としてアドバイス

イタリアを知る者としてアドバイス

トリノへ移籍したハート photo/Getty Images

今夏マンチェスター・シティの指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラは、自身のスタイルに合わないとの理由からイングランド代表GKジョー・ハートを構想外とした。代わりにやってきたクラウディオ・ブラーボがパスも得意としていることを考えると、グアルディオラの好みはやはりはっきりしている。

ハートは追い出される形でセリエAのトリノへの移籍を決断したわけだが、イングランドを離れることには多少の戸惑いがあったようだ。そんな時にアドバイスをくれたのが、かつてインテルなどイタリアでプレイした経験を持ち、マンCで引退したパトリック・ヴィエラ氏だったという。伊『La Stampa』がハートのコメントを伝えている。

「正直言うと、全てが速く進んだから選択肢はそれほど多くなかったんだ。だけど僕はトリノにとても感謝している。確かなチャンスをくれているからね。イタリアを知っている信頼できる人とも話をしたよ。ヴィエラとかね。ヴィエラは行けと言ったんだ。トリノで上手くやれると。彼は僕の状況を分かっていたし、僕がプレイする必要があることも分かっていた」

トリノはマンCに比べてチャンピオンズリーグに出るようなクラブではないが、出場機会は確保されている。GKは他のポジション以上に試合勘が大切になってくることもあり、ハートにとっては非常に良い移籍となったことだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ