「S・ラモスのタックルは不必要だった」 激しい接触で全治6ヶ月の怪我負ったミランMFが不満訴える

ラモスのチェックが激しすぎたか

ラモスのチェックが激しすぎたか

運び出されるモントリーヴォ photo/Getty Images

ミランに所属するMFリカルド・モントリーヴォは、先月の6日に行われた2018ワールドカップ欧州予選・スペイン代表戦でDFセルヒオ・ラモスと激しく接触し、全治6ヶ月の大怪我を負ってしまった。接触プレイのあるサッカーでは怪我も仕方がないが、モントリーヴォはラモスのタックルに不満を抱いているようだ。

英『Squawka』によると、モントリーヴォはラモスのタックルは不必要なものだったと考えているようで、それほど危険なシーンではなかったにも関わらず激しく突っ込んできたことへの不満を訴えている。

「あれは危険なボールでもなかったし、それほどハードにタックルする必要はなかった。ラモスのアクションは脅迫的なものだったよ。僕は自分のキャリアを誇りに思っているし、今は回復だけを考えている。でももう31歳なんだ。スタジアムからストレッチャーで運び出されたのを代表の最後にはしたくないね」

モントリーヴォとラモスは、右サイドに出たパスを巡って激しく衝突した。モントリーヴォはクロスを、ラモスはクリアしようとしたように見えたが、モントリーヴォとしてはラモスのチェックが激しすぎると感じたようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ