“アシスト役”など関係なし! 2016年最も得点を決めている選手はやはり異次元の男だった

最近はアシストも増えているが……

最近はアシストも増えているが……

世界最高の選手と言われるメッシ photo/Getty Images

バルセロナFWリオネル・メッシはルイス・スアレス、ネイマールの加入以降アシスト役に回る機会も増えているが、それでもメッシの得点数は異常なことになっている。メッシは6日のセビージャ戦でスアレスの得点をアシストすると同時に、自身も同点弾を叩き込んでいる。これが今季8点目となり、スアレスと並んでリーガ・エスパニョーラの得点ランキングでトップに立った。スアレスより出場試合数が2試合少ないことを考えると、やはり得点ペースは異常だ。

これだけではない。スペイン『MARCA』によると、メッシは現時点で2016年最も得点を決めている選手なのだ。バルサでは44得点、アルゼンチン代表では7得点の計51得点を記録しており、2位のスアレスを4点差でリードしている。

以降はレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド(44得点)、ユヴェントスのゴンサロ・イグアイン(35得点)、アントワーヌ・グリーズマン(35得点)、バイエルンのロベルト・レヴァンドフスキ(34得点)と続いており、メッシはストライカーとしてプレイする選手よりも多くの得点を記録している。

今季はまだロナウドが爆発していない状態で、リーガの得点王争いのライバルとなっているのはスアレス、グリーズマンといったところだ。昨季はスアレスに得点王の座を譲ったが、2016年最も得点を決めている男は今季のリーガをも支配するか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ