なぜスパーズ戦でもA・サンチェスが先発なんだ!? ベンチスタートのビッグマン「少し失望した」

その前の2試合では好パフォーマンスだったが……

その前の2試合では好パフォーマンスだったが……

アーセナルのジルー photo/Getty Images

アレクシス・サンチェスが1トップを続ける現状は、やはりこれまで最前線で体を張ってきたFWオリヴィエ・ジルーにとっては少々不満なようだ。ジルーは10月29日のサンダーランド戦で復帰早々2ゴールを決める活躍を見せ、続くチャンピオンズリーグのルドゴレツ戦でも先発出場から得点を記録。しかし、先日のトッテナムとのダービーマッチではベンチスタートだった。

今季はサンチェスが1トップを務める機会が多くなっているものの、サポーターが最も熱狂するノース・ロンドン・ダービーに先発できなかったことはジルーを失望させてしまった。仏『L’Equipe』によると、ジルーはサンダーランド戦での好パフォーマンスがトッテナム戦の先発出場に繋がると期待していたようで、指揮官アーセン・ヴェンゲルの判断に少しばかり失望したことを明かしている。

「サンダーランドに対して僕は最初の2タッチで2点を奪った。これは毎日起こるようなものでもない。希望ではスパーズ戦に出場したかったよ。それまでの2試合が良かったからね。少しばかり失望したよ。僕はそれで不機嫌になったりする類の人間ではないけどね」

ジルーはヴェンゲルがサポートしてくれていることにも感謝を示しており、指揮官の判断を尊重している。しかし「あまりにも長く続くべきではない」と今の状況に危機感も覚えているようで、今季は負傷を含めキャリアの中で最もタフなスタートになったことを認めている。

今季のサンチェスの活躍ぶりを見るとジルーがベンチスタートになってしまっても仕方がないのかもしれないが、アーセナルはこのままサンチェスを最前線に置くべきか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ