バイエルンはなぜ伊藤洋輝の獲得へ動いたのか ドイツで認められるその実力「伊藤はバイエルンのニーズにぴったり合っている」 

シュツットガルトで実績を積んできた伊藤 photo/Getty Images

レフティーの万能DFとして高い評価を得る

「この夏、移籍市場にて最初のサプライズがあった」

シュツットガルトでプレイしてきた日本代表DF伊藤洋輝がドイツの名門バイエルンへ移籍することが決まり、情報サイト『Transfermarkt』はこのように取り上げた。イングランド方面からの関心も伝えられていただけに、バイエルン移籍決定の情報に驚いた日本のサッカーファンも少なくないだろう。

同サイトはバイエルンが伊藤の獲得を急いだ理由として、その万能性を挙げている。バイエルンは伊藤の獲得に3000万ユーロの移籍金を投じているが、それだけ貴重なピースになると計算されているのだ。
「伊藤はバイエルンのニーズにぴったり合っており、左利きの伊藤は左サイドバックでもプレイできる。何より伊藤はすでにブンデスリーガの環境に精通している。しかもバイエルンは新シーズンよりヴァンサン・コンパニを指揮官に迎えていて、コンパニはセバスティアン・ヘーネスがシュツットガルトで見せてきたサッカーと似たスタイルを取り入れようとしている。伊藤の年齢(25歳)、さまざまなポジションでプレイできる能力、そして比較的手頃な移籍金を考えれば、伊藤はバイエルンにとって魅力的な選手だ」

伊藤は今季ブンデスリーガで2位に入るサプライズを起こしたシュツットガルトでも主力で、3バックの左センターバックに入れるのも魅力的だ。バイエルンではレフティーのDFが不足していることもあり、コンパニが3バックを取り入れる場合も伊藤は貴重なピースとなるに違いない。かなりスムーズにバイエルン移籍が決まったことに驚きはあったが、実力的には決してサプライズではないだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ