ケイン、ムバッペ、ハーランドにも負けないラウタロの実力 セリエAで示した万能性「羨ましいことは何もない」

インテルの攻撃をリードするラウタロ photo/Getty Images

得点力、味方との連携などFWとしての能力は高い

バイエルンでゴールを量産したハリー・ケイン、パリ・サンジェルマンの絶対的エースとしてリーグ・アン得点王を獲得し続けてきたキリアン・ムバッペ、2シーズン続けてプレミアリーグ得点王に輝いたマンチェスター・シティのアーリング・ハーランド。彼らは超のつくワールドクラスな点取り屋だ。

しかし、インテルFWラウタロ・マルティネスもそのリストに加えるべきではないだろうか。今季はリーグ戦で24ゴールを記録し、セリエA得点王を獲得。チャンピオンズリーグではアトレティコ・マドリード戦で屈辱のPK失敗があったものの、シーズンを通してラウタロの活躍は見事だった。

ラウタロの場合は以前所属していたロメル・ルカク、そして今季からペアを組んだマルクス・テュラムと、様々なタイプのFWと連携を取れる点も大きい。周囲を使うプレイも上手く、インテルではチームリーダーでもある。ハーランドやムバッペに比べると話題に挙がる機会は少なめかもしれないが、現代で最も完成度の高いセンターフォワードの1人と言える。
伊『Gazzetta dello Sport』によると、ラウタロはムバッペ、ハーランド、ケイン、バルセロナのロベルト・レヴァンドフスキと同じレベルにいると感じるかとの問いに対し、自信をこめて次のように語っている。

「Yesだ。羨ましいことは何もないよ。数字やトロフィーがそれを物語っている。僕よりもタイトルを獲れていない偉大な選手だっている。これからも結果を出し続けなければならないけど、僕は彼ら素晴らしい選手たちと同じテーブルに座ることができるよ」

ラウタロはアルゼンチン代表としてワールドカップ制覇も経験している。足りないのはCLのタイトルくらいで、今のインテルならば来季それを狙うチャンスはあるはずだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ