フォーデンはなぜ「47番」をつけている? 忘れられぬ祖父との記憶

47番を背負うフォーデン photo/Getty Images

誰も欲しがらない「47」に秘められた想い

現在プレミアリーグで首位を走るマンチェスター・シティ。CLではレアル・マドリードに敗れたものの、それだけにプレミア4連覇に向けて士気は高いはずで、今季も選手たちが素晴らしい躍動を見せている。

まだシーズンが終わったわけではないが、今季シティで特に印象的なパフォーマンスを見せた選手がMFフィル・フォーデンだろう。すでに14ゴール7アシストを決めており、周囲との連携や強烈なミドルシュートなども一層磨きがかかった印象だ。

そんなフォーデンだが、背番号は若手だった頃のまま「47」を背負っている。通常、アカデミーの若手から中心選手へと成長すれば、しだいに若い番号が与えられることになる。フォーデンのプレイスタイルであれば「10」「8」「7」などがふさわしいと思われるが、なぜ彼は「47」を背負い続けるのだろうか。
英『Daily Mail』に掲載されたコラムのなかで、その真実が語られた。2021年にセルヒオ・アグエロが退団したとき、背番号「10」がフォーデンにオファーされた。しかし、彼はそれを断った。背負っている「47」は、彼の愛する祖父が亡くなったときの年齢なのだという。

「若いときは、何の(番号の)シャツを着るかについてはあまり選択肢はない。いくつか番号が送られてきたけど、その47番以外は僕にとってなんの意味もなかったんだ」

「それは僕の祖父が亡くなったときの年齢だ。彼を失ったとき、僕はまだ幼かった。一緒にウェールズに行ったり、何度か旅行に行ったことを覚えているよ。父は、(祖父が)僕とサッカーをするのが大好きだったと言っていた」

「父に、その番号をつけたら喜ぶだろうかと尋ねた。それは素晴らしいことだと言われたので、僕は背番号を受け取ったんだ。それ以来、僕はそれが大好きだ。今はそのタトゥーも入れているけど、それは変わることのないシャツみたいなものだ。自分自身の遺産を作るのは素晴らしいことだよ。これ(47番)は、誰も狙うことのない奇妙な数字だ。僕がゴールを決めた数年後、シティでの47はフィル・フォーデンの番号だと記憶に残ることを願っているよ」

近年は「10」や「9」に憧れるよりも、自分のラッキーナンバーや、ゆかりのある数字を背番号にする選手も増えた。このようにパーソナルな想いが秘められた番号を背負うことは、選手のモチベーションにもつながっていくのだろう。フォーデンは亡き祖父への慕情とともに戦っていたのだ。


記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ