ブラジル戦の敗戦は問題なし? EURO2024優勝を目指すイングランド代表の現在地

ベルギー代表には勝利できるか photo/Getty Images

2連敗は避けなければならない

国際親善試合でブラジル代表と対戦し、0-1で敗戦してしまったイングランド代表。怪我人もおり、フルメンバーで挑むことはできなかったが、様々な局面で力負けした試合であった。

多くの課題が見つかった試合だったが、イアン・レディマン記者はポッドキャスト『It's All Kicking Off』にてこの敗戦はイングランド代表にとって悪いことではなく、現在地を知るいい機会になったと語った。

「イングランドはブラジルに0-1で負けた。奇妙に聞こえるかもしれないが、私は心のどこかでそれを少しうれしく思っている。メジャートーナメントへの準備段階では、自己満足、自信過剰、誇大宣伝など、さまざまなことが襲うことがあると思う」
「私はこれらの選手たちが自己満足や自信過剰であることを非難しているわけではないが、少し誇大広告がある。それは彼らのせいではないが、ちょっとした挫折があると、すべてが平均値になってしてしまうと私は思っている。それはすべてを弱め、彼らがただ継続し、準備をし、構築することを可能にするだけだ。誤解しないでほしいが、彼らがドイツに行く前に最後の2つの親善試合で負けてほしくない。絶対にそうなってほしくないが、現時点でのちょっとした現実確認は誰にも害を与えない」

レディマン氏は、続くベルギー戦でも敗戦し、3月の親善試合の2連敗は阻止しなければならないと語ったが、現時点での敗戦はイングランド代表にとって現在地を知る機会になったと考えているようだ。

ブラジル戦では敗戦してしまったイングランド代表だが、ベルギー代表との一戦で、EURO優勝候補にふさわしいパフォーマンスを見せることができるのか、注目だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ