高齢化進むベルギー代表が若返り? ランパードに重宝される192cmMFと18歳期待の守備者

ベルギー代表でも存在感を示すアマドゥ・オナナ photo/Getty images

若手の活躍がW杯での結果を左右する

UEFAネーションズリーグを戦うベルギー代表は26日にオランダ代表と対戦。終盤まで0-0と推移していたが、終盤に失点を喫してしまい、3勝1分2敗で決勝ラウンド進出を逃した。この2敗はどちらもオランダ代表によるものであり、ワールドカップ・カタール大会前に嫌な苦手意識が生まれてしまったか。

そんなベルギー代表だが、オランダ戦では積極的に若手をピッチに送り込んでおり、中盤にMFアマドゥ・オナナ(21)、3バックの右にDFゼノ・デバスト(18)を起用している。

ドイツやフランスで飛躍を掴み、今季からプレミアリーグのエヴァートンでプレイするオナナ。移籍後さっそくフランク・ランパード監督からの信頼を掴み中盤で起用されており、すでに6試合でピッチに立っている。
192cmの長身を持った中盤戦士で、攻守両面で輝くことが可能だ。オランダ戦ではインターセプトからの攻撃参加が非常にスムーズであり、枠内を捉えるミドルシュートを放つ場面も。インターセプト3回、パス成功率93%と高い数字を残しており、ユーリ・ティーレマンスからポジション奪取なるか。

デバストはそんなオナナよりも若い18歳だ。アンデルレヒトでプレイするヤングスターで、代表はオランダ戦で2試合目、アンデルレヒトのトップチームでもまだ21試合の経験しかない。それでもフル代表に招集されており、ロベルト・マルティネス監督からの期待は大きい。

オランダ戦ではフィルジル・ファン・ダイクに得点を許してしまったが、それ以外のパフォーマンスは上々だ。デュエルの強度が高く、5勝を記録。パス成功率も85%とまずまずな数字を記録しており、トビー・アルデルヴァイレルト(33)、ヤン・フェルトンゲン(35)と高齢化が目立つベルギーの最終ラインを支える新たなヤングタレントが台頭してきた。

ケビン・デ・ブライネ、ロメル・ルカク、エデン・アザールからなるトップ3の高齢化もあって以前ほどの勢いはないベルギー。それでもオナナやデバストのような若い才能は代表チームに入ってきており、若返りはゆっくりだが進んでいる(データは『SofaScore』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ