「自分のことを神だと……」 レアルでマルセロと差がつきすぎた“超攻撃的左SB”の後悔

レアルでプレイしていたドレンテ photo/Getty Images

銀河系軍団の重圧は凄まじかったか

20歳の青年が銀河系軍団の一員になるのはどんな気分なのだろうか。

2007年にその扉を叩いたのは、元オランダ代表DFロイストン・ドレンテだ。当時左サイドバックの選手としてレアルへ加わったドレンテは、昨季限りでレアルを去ったマルセロより1歳上だ。マルセロも2007年にレアルへ加入したレフトバックだが、ドレンテとは大きすぎる差がついてしまった。

ドレンテの場合はポジションを左ウイングへ上げたこともあったが、レアルでは成功できなかった。レンタル移籍を重ね、2012年にはレアルを退団。その後はラッパーになってみたり、俳優をやってみたり、現在はスペインのラシン・メリダと契約していたりと、ドレンテのキャリアは破天荒なものとなった。

伊『Gazzetta dello Sport』にて、ドレンテはプロフェッショナルになりきれなかったとレアル時代を振り返る。サッカー選手としての人生と、派手になる私生活のバランスを取るのが難しかったのだろう。

「プロとしての準備ができていなかったんだ。自分のことを神だと思っていたし、私生活ではパーティも好きだった。2007年、20歳で僕はキャリアのトップにいた。説明するのが難しい狂った感覚があり、銀河系軍団のロッカールームに足を踏み入れるのは夢のようだった。その思い出を忘れることはない」

「サッカー選手としての人生と、私生活は適度にMIXできる。ただ、すぐ人生を変えなければならないと理解するのが難しかった。今では当時の自分が間違っていたと分かる。人生は短く、プロフェッショナルにならないといけなかったんだ」

オランダ代表でもドレンテは1試合しかプレイしていない。レアル契約当初はスーパースターへの道が見えかけていたはずだが、メガクラブで長く活躍するのは簡単ではない。オランダ期待の才能だったのは間違いないが、ポテンシャルだけで生き残っていけるほど甘くはなかったか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ