若くしてリヴァプールで将来を嘱望された男の現在 ベニテス監督が高く評価して引き抜いた10代のSBは

バレンシア時代にはCLでもプレイしたバラガン photo/Getty Images

昨季までエルチェでプレイしていた

トレント・アレクサンダー・アーノルドやハーヴェイ・エリオットなど10代でリヴァプールで経験を積み、成長を続ける若手は多く存在する。彼らのように若くしてチームに加入し、将来を嘱望されたプレイヤーがDFアントニオ・バラガンである。

セビージャのアカデミー出身だったバラガンは、2005年に当時の指揮官だったラファエル・ベニテスに引き抜かれ、リヴァプールへと加入する。U-19欧州選手権でスペイン代表の右サイドバックとして優勝に貢献するなど、若くして将来を期待されたバラガンだったが、リヴァプールで出場機会を得ることはできず。わずか1年でチームを退団してしまう。

その後加入したデポルティーボで経験を積んだバラガンは、バリャドリードを経て2011年にバレンシアへと加入。主力として活躍すると、2016年に退団するまでに100試合以上に出場して実力を磨いた。その後は再びイングランドに挑戦してミドルスブラでプレイし、2017年からはベティスやエルチェにも所属した。

今夏限りでエルチェを退団しており、35歳となった現在はフリーのままであるバラガン。リヴァプールでは出場機会を得ることはできず苦しい時期を過ごしたが、ラ・リーガで数多くの試合に出場して右サイドバックとしての価値を高めてきた。リヴァプール期待の若き右サイドバックだった男は、豊富なスタミナと積極的な守備を武器にスペインでの経験豊富なDFへと成長している。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ