アジア王者も経験したストライカーがJ2へ 韓国で得点量産した男は千葉の新エースとなるか

19年ACLでは浦和にもゴールを奪った photo/Getty Images

全北で2016年にACLを制した

ジェフユナイテッド千葉は上海海港より、リカルド・ロペスを獲得したことを発表した。ここまで9位と昇格プレイオフ圏内に向けて、新エース候補の獲得で得点力向上を目指したい。

現在31歳のロペスは、ブラジルの各クラブを転々としたのち、2015年に済州ユナイテッドへ加入。初挑戦となった韓国で33試合11ゴールと活躍し、チームの得点源に成長する。

さらに翌年には全北現代モータースへ移籍すると、エースとして前線をけん引。35試合13ゴールを決めると、AFCチャンピオンズリーグでも12試合3得点で優勝に貢献し、アジア王者にも輝いている。Kリーグでは通算159試合52得点を挙げた。

2020年からは上海でプレイ。2シーズンで9ゴールとなったが、千葉でどのような活躍を見せるだろうか。韓国で得点を量産したストライカーのJ2でのゴールラッシュに期待が高まっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ