久保建英の“3年間”をどう評価する ブラヒム、レイニエルらレアルの気になる若手育成路線

21歳を迎えた久保建英 photo/Getty Images

レンタル組はあまりヒットしていない

まだレアル・マドリードではカリム・ベンゼマ(34)、ルカ・モドリッチ(36)などベテランプレイヤーが大きく貢献しているものの、近年は若手選手への投資を積極的におこなってきた。今季ヒットしたFWヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ・ゴエス、DFエデル・ミリトンといった選手はそのスタイルが当たった結果といえる。彼らは新・銀河系軍団の礎となる選手だ。

だが、若手育成路線も100点満点とは言えない。気になるのはレンタル移籍組だろう。

中でも大失敗となってしまったのは、ドルトムントへのレンタル移籍を選択した20歳のブラジル人MFレイニエル・ジェズスだ。2020年にフラメンゴからレアルへやってきたレイニエルは、獲得当初カカー2世と言われるなど注目されていた攻撃的MFだった。

同年にはドルトムントへの2年間契約でレアルへ向かったわけだが、2シーズン合わせてもプレイタイムが1000分に達していない。2020-21シーズンは339分、今季は402分となっており、出場機会を確保できないようではレンタル移籍の意味がない。2500万ユーロもあった市場価値が現在は800万ユーロまでダウンしており、獲得当初の話題性は消えてしまった。

ドルトムントの場合はマルコ・ロイスなど2列目に優秀な選手を揃えており、レンタル先としてはハードルが高すぎたのかもしれない。まだ20歳と焦る年齢ではないため、今夏にはもう一度育成プランを見直す必要があるだろう。

攻撃的MFではミランにレンタル移籍している22歳のブラヒム・ディアス、21歳のMF久保建英も大当たりとまでは言えないだろう。2020-21シーズンのディアスはミランでまずまずの働きを見せていたが、今季は一気にトーンダウンしてしまった。現状はレアルでスタメンを得るレベルにはないだろう。

レイニエルはドルトムントで出番得られず photo/Getty Images

久保の場合は2019年の加入からスペイン国内でのレンタル移籍を継続してきたが、スペイン国内に久保の良さを最大限引き出してくれるクラブがどれだけあるかは判断が難しい。今季を含め2回レンタル移籍したマジョルカ、ヘタフェに関しては残留争いにも巻き込まれる下位クラブであり、攻撃に関与できる数が限られてしまう。

2020年夏にレンタル移籍したビジャレアルは上位を狙えるクラブではあったが、攻撃では同じレフティーのサミュエル・チュクウェゼなどライバルも多かった。この競争に勝つ必要はあるのだが、結果的にビジャレアルへのレンタル移籍はヒットしなかった。

久保も21歳と若く、まだ焦る年齢ではない。しかし、今後のクラブ選びに関しては慎重に検討する必要があるだろう。出場機会の確保はもちろん、そのうえで攻撃的に振る舞えるクラブが望ましい。それこそオランダなど、5大リーグにこだわる必要もないかもしれない。

ヴィニシウスやロドリゴのヒットだけでも十分な成果と言えるが、今季レアルからレンタルに出ていた若きアタッカー3人衆の未来はどうなるのか。3人とも今夏は大きな決断を迫られることになりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ