ジェラードについて何も語りたくないトナーリ 今なおミラニスタの悪夢となっているイスタンブールの奇跡

トナーリはイタリアの未来を背負っていくはず photo/Getty Images

セリエA制覇に大きく貢献したトナーリ

インテルとの首位争いを制し、11年ぶりとなるセリエA制覇を成し遂げた今季のミラン。チームの中盤には昨夏にブレシアから完全移籍を果たした22歳の新星サンドロ・トナーリが君臨。今季は多くの試合でスタメン出場を果たした。

ミランで高いパフォーマンスを見せているトナーリは、イタリア代表でも地位を確立し始めている。今月の代表戦にも招集されており、イングランド代表戦を前に記者会見に臨んだ。

伊『calciomercato』によれば、トナーリはこの会見で今季の活躍などについて振り返ったようだ。そして現在アストン・ヴィラの監督を務めるイングランドの伝説的MFスティーブン・ジェラード氏との比較についてもコメントを求められた。

「彼の思い出は(イスタンブールで行われたCL)決勝戦だから、何も言わないほうがいいだろう。こういう意見に対して何か言えるだけ幸せだけど、今は自分自身と誰かを比べたくはない」

トナーリは子供の頃からミランを応援していた選手で、“イスタンブールの奇跡”が強く記憶に残っているのだろう。2004-05シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でミランとリヴァプールが対戦し、PK戦の末にリヴァプールが劇的な逆転勝利を成し遂げた試合だ。

この試合で大活躍を見せたのがジェラードだった。3点のリードを許して迎えた後半に反撃の狼煙となるヘディングゴールを決め、同点のPKも獲得。ミラニスタにとってジェラードは恐るべき存在なのだろう。

リヴァプールは2018-19シーズンにイスタンブールの奇跡以来となるCL制覇を成し遂げ、今季も準優勝を果たした。しかし、対するミランは2006-07シーズンを最後にビッグイヤーから遠ざかっており、そもそも2014-15シーズンから今季まで、CLに出場することすらできていなかった。

それでも今季のスクデット獲得を始め、近年ようやく復調の気配を見せているミラン。時間はかかっているものの、トナーリ擁するこのチームが再びCL決勝の舞台までたどり着く未来もそう遠くはないのかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ