フェネルバフチェ退団濃厚のエジルはどこへ行く 英2部に続いて浮上してきた移籍先候補

はたしてエジルは今後どこへ向かうのか photo/Getty Images

先月末に無期限メンバー外に

はたして、トルコでも居場所を失ってしまったテクニシャンはここからどこへ向かうのか。かつては欧州でも指折りの名手として知られた男は、現在キャリアの岐路に立たさている。その選手とは、元ドイツ代表MFメスト・エジル(33)だ。

先月24日、突如としてフェネルバフチェから無期限のメンバー外となったことが発表されたエジル。今季は新天地で公式戦26試合に出場して9ゴール2アシストという好成績を収めていただけに、いきなりのリリースには驚いた人も多いだろう。複数の現地メディアによると、この処分に関してはエジルと指揮官の衝突が原因とも伝えられており、現在フェネルバフチェは同選手との契約解除に向けて動いているという。

そんなエジルだが、フェネルバフチェ退団となればどこへ向かうのだろうか。英『Daily MIrror』によると、無期限メンバー外の一報が入ってすぐに動き出したとされるのはチャンピオンシップ(英2部)のハル・シティだ。しかし、ここにきてエジルには新たな選択肢が多数生まれているとのこと。独『Spox』が伝えるところによれば、現在はMLS方面からの関心も高いようで、特に彼の勧誘に熱心なのはロサンゼルスFCだという。

昨夏、フェネルバフチェへの移籍が決定する前にはMLS行きが近づいているとの噂も浮上していたエジル。当時はかねてより本人がトルコでのプレイを望んでいたこともあって破談となったが、アメリカ行きという選択肢は彼の中で決してあり得ないものでもないのかもしれない。

まだ本人がどのような考えを持っているかは不明だが、さまざまな候補が浮上してきたエジルの移籍先。はたして、33歳のテクニシャンは今後どこでプレイを続けることとなるのだろうか。Jリーグも候補に入ってくることとなれば日本のファンにも楽しみが増えるはずだが、その未来やいかに。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ