マズラウィやグラフェンベルフだけではない アヤックスが抱えるガーナの逸材MFに刮目せよ

近い将来のビッグクラブ行きに期待がかかるクドゥス photo/Getty Images

怪我も多いが才能は間違いない

オランダの強豪・アヤックスといえば、若き才能の発掘や育成に強みを持つクラブだ。近年ではMFフレンキー・デ・ヨング(現バルセロナ)やDFマタイス・デ・リフト(現ユヴェントス)を筆頭に、優秀な人材をビッグクラブへと何人も送り出している。現在のチームにもDFノゼア・マズラウィやMFライアン・グラフェンベルフといった有望株が在籍しており、今夏ビッグクラブ行きの可能性が連日伝えられている状況だ。

しかし、そんなマズラウィやグラフェンベルフ以外にも、今のアヤックスには楽しみな逸材がいる。今夏のビッグクラブ行きこそ難しいかもしれないが、そう遠くない未来におけるブレイクに期待したいのはガーナ代表MFモハメド・クドゥス(21)だ。

今季はここまで怪我の影響もあってエールディヴィジでの出場が10試合のみとなっているが、かねてよりその能力の高さには注目が集まっていたクドゥス。何よりの武器はドリブルで、テクニカルなタッチとアフリカ出身の選手らしい身体のバネを駆使した突破はダイナミックかつ柔軟だ。前所属のノアシェラン時代には彼のことを“魔術師”と呼ぶ現地メディアもあったほど。潜在能力の高さは他の有望株たちにも負けていないだろう。
「今のアヤックスで注目を集めているのはグラフェンベルフやマズラウィ、アントニーといった選手たちだが、能力自体はクドゥスも非常に優れたものを備えている。今夏は難しいかもしれないが、怪我なくシーズンを過ごすことさえできれば彼は間違いなくマーケットにおける人気者となるだろう」

そんなクドゥス潜在能力に関しては、蘭『De Telegraaf』もこのように高い評価を与えている。アヤックスが抱えるガーナ出身の逸材MF。モハメド・クドゥスという若者の名前を今から覚えておいて損はないだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ