あのCL決勝・レアル戦から3年半 リヴァプール“5番手GK”のカリウスはどうなる

リヴァプールでは1番手になれないカリウス photo/Getty Images

まだ28歳と若いカリウスの未来は

すべては2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ決勝から始まったのだろうか。

レアル・マドリードがリヴァプールを3-1で撃破したこのゲーム以降、当時リヴァプールのゴールを守っていたGKロリス・カリウスには厳しい視線が向けられるようになった。この一戦では自身のスローイングしたボールをレアルFWカリム・ベンゼマに奪われて失点したり、FWガレス・ベイルのミドルシュートを処理出来なかったりと、ミスと言えるプレイがあったからだ。

そのゲームの約1カ月後、リヴァプールはローマから現守護神アリソン・ベッカーを獲得。これでカリウスは2番手以下に落ち、その夏にトルコのベシクタシュへ2年間レンタル移籍することになった。

続けて2020年夏にはウニオン・ベルリンにレンタル移籍したが、現状は変わっていない。カリウスはリヴァプールの構想に入っていないままで、最後にプレイしたのはウニオン・ベルリンにレンタル移籍していた昨年2月のことだ。

リヴァプールとカリウスの契約は今季終了後に切れる。クラブ公式によると、指揮官ユルゲン・クロップは現時点でカリウスがGK5番手に位置していると述べている。カリウスの頑張りは評価しているようだが、やはりアリソンの壁は厚すぎる。

「カリウスは何も間違っていないし、良い状態でトレーニングも頑張っている。彼は献身的だし、GKコーチも献身的だ。だが、シーズン開始前に我々は決断したからね。チームには複数のGKがいる。No.1はアリソン、2番手はケレハー、3番手はアドリアン、4番手はマルセロとね。すでに4人もGKがいるんだ。5番手GKを起用しなければならないシチュエーションは起きていない。クオリティの問題ではなく、我々は決定を下したんだ」

カリウスはまだ28歳とGKにしては若い方だ。クロップもカリウスの幸運を願っており、今夏には新たなクラブへ向かうことになるだろう。あのレアル戦以降は苦しいキャリアになっているが、カリウスのキャリアはどうなっていくのか。まだまだ評価を取り戻す時間は残されている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ