中島も悪くないが大事な選手を忘れている “16本打って7ゴールを決める”奥川雅也招集のススメ

またまた決めた奥川 photo/Getty Images

この決定力を使わない手はない

ブンデスリーガ第19節アルミニア・ビーレフェルト対グロイター・フュルトの一戦が行われ、2-2のドロー決着となった。

ビーレフェルトに所属する奥川雅也はこの試合でも先発しており、8分に先制点をマーク。その後も攻守で違いを見せ、フルタイム出場を果たした。得点記録もボーフム戦から継続しており、4点にまで伸ばしている。さらにグロイター・フュルト戦での得点で今季7ゴール目と現在最も海外で得点を決めている日本人選手となっており、さらに16本打って7ゴールと、シュート精度の良さもデータとして出ている。

試合後にはビーレフェルトの公式サイトにて「自分が得点を取ることでチームの助けになっているのがモチベーションになっている」とコメントしており、降格圏に沈むチームで孤軍奮闘の活躍を見せている。

昨季とは打って変わってチームの主軸となっている奥川だが、やはり1月終盤に予定されている代表戦での招集に期待が高まる。ここまでフル代表でのプレイ経験がなく、最終予選も選外となっている奥川だが、海外ではアーセナルの冨安健洋に続く好調ぶりを見せている。

また、奥川がプレイする左サイドでは本来呼ばれるはずの三笘薫が怪我の影響から起用できないとの話が出ており、代役としてポルティモンセ中島翔哉の名前が挙がっている。彼も悪くないが、ここまで7ゴールを決めている奥川の決定力の高さは欲しい。日本代表はタレントこそアジア屈指だが、最終予選では6試合で5点しか奪えていない。さらにセルティックで得点を量産している古橋亨梧も三笘と同様に招集できない見込みであり、ここは中島と奥川のダブル招集もあり得るだろう。

4試合連続ゴールを決めるなど、乗りに乗っている奥川。アジア最終予選と難しい状況ではあるが、奥川の活躍で勝利する森保ジャパンに期待したい(データは『SofaScore』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ