プレミア行き近づくアフリカ産の“カメレオンMF” ギリシャでブレイクした20歳は何者か

今季オリンピアコスで活躍するカマラ photo/Getty Images

任された役割を高いレベルでこなす万能戦士

今はまだギリシャリーグでプレイする若手のひとりに過ぎない。しかし、このギニア代表MFはそう遠くない未来に世界最高峰のコンペティションとも名高いプレミアリーグで、一気に選手としての知名度を上げることとなるのだろうか。欧州5大リーグ外のプレイヤーではあるものの、複数のプレミアクラブが熱視線を送っている若き中盤戦士がいる。

その選手とは、オリンピアコスでプレイするギニア代表MFアギブ・カマラ(20)だ。英『Daily Mirror』によると、同選手には現在マンチェスター・ユナイテッドやレスター・シティ、ニューカッスル・ユナイテッドといったクラブが冬の移籍市場における獲得に関心を寄せているという。欧州では昨季までほぼ無名だった選手だが、今冬は一気にプレミア方面で人気銘柄となる予感がしてきた。

昨季までリールの下部組織に所属していたカマラは、さまざまなポジションで高いクオリティを発揮するユーティリティプレイヤーだ。今夏加入したオリンピアコスでは攻撃的MFを主戦場としているものの、インサイドハーフやウイングもこなす万能性を備えている。攻撃的なポジションを任されればアグレッシブかつテクニカルな持ち上がりでフィニッシュに絡み、少し下がり目のポジションを任されれば巧みなボール奪取で相手の前進を阻む。任された役割によってスタイルを変えることができる彼は、まさに“カメレオンMF”といった表現がピッタリか。

そして、その万能ぶりはスタッツにも表れている。ギリシャ・スーパーリーグの公式サイトによると、今季のカマラは得点数(4得点:チーム1位タイ)やシュート数(19本:同1位)、ボール奪取数(21回:同3位)といった部門でいずれもチーム上位の数字を誇っている。現在、オリンピアコスはギリシャ・スーパーリーグで首位を快走しているが、カマラは間違いなくその原動力となっている。欧州主要リーグ外での活躍ではあるものの、その能力はかなり高いものを備えていると言っていいだろう。

ギリシャでブレイクを果たし、近いうちのプレミア行きが噂されるギニアの逸材MF。はたして、カマラはこれからどのようなステップアップを果たしていくのだろうか。オリンピアコスで躍動する新世代の万能MFからは目が離せない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.265 CL激闘必至の3番勝負

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ