日本代表に足りない流れを変える存在 スーパーサブになりえるジャガー浅野拓磨の可能性

ドイツでは順調に出場機会を増やしている photo/Getty Images

勢いが大事だ

2022年に予定されているワールドカップ・カタール大会に向けたアジア最終予選を戦っている日本代表。4試合を消化して残念ながら2勝2敗と勝ち越しできず、最終予選の難しさを痛感している。そんな日本代表は11月にベトナム戦、オマーン戦を控えており、カタール大会出場の可能性を高めるためにもここでの2連勝は必須となる。

重要な一戦を控えている日本代表だが、次の代表戦で期待したいのはFW浅野拓磨だ。

Jリーグでは現日本代表の監督である森保一が指揮していたサンフレッチェ広島で活躍していた浅野。その後は海外へ渡り、現在はドイツ1部のボーフムで10番を背負っている。移籍直後は怪我の影響から満足にプレイ出来なかったが、ここ最近は出場機会を増やしており、フランクフルト戦では移籍後初のアシストを記録している。

このようにエースとして迎え入れられたクラブにも馴染んでおり、徐々に結果を出し始めている浅野だが、彼に期待したいのはやはり途中交代でピッチに立ち試合の流れを変えることだ。

ここまで計4試合を戦ったサムライブルーだが、浅野が後半から出たオーストラリア戦を除いて交代選手が活躍した試合はない。流れを変えること自体が難しいが、これは日本代表にとってまずい状況であり、今後の課題だ。それでも、浅野はオーストラリア戦でゴールという最高の形で日本に勢いを取り返しており、これができる選手はそういない。また、彼のスピードは対峙するDFからすれば非常に厄介であり、スーパーサブとしての武器を備えている。起用が予想される左右のウイングには伊東純也やフル出場初招集の可能性が高い三笘薫らがおり、どちらかに代わって浅野が投入されれば必ず相手から綻びが出るだろう。

日本代表に欠けているスーパーサブとして適役な浅野。オーストラリア戦でのオウンゴール誘発はカタール大会出場の可能性を引き上げた大仕事であり、難しいとされる最終予選突破のカギはジャガー浅野なのかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ