新生浦和レッズを支える“個人昇格組” J2で力を付けた選手による実力派集団に

浦和の中心となっている小泉 photo/Getty Images

今季は小泉、明本、平野が加入

今季はリカルド・ロドリゲス監督の下、多くの新加入選手を加えて進化を遂げている浦和レッズ。その中でもJ2から獲得した選手がチームを支えている。

オフにFC琉球から小泉佳穂、栃木SCから明本考浩を補強。開幕戦でJ1デビューを飾った両者は、その後も主力としてチームの勝利に貢献する。小泉は柏木陽介が担っていたパスによるチャンスメイクで攻撃の軸となっており、明本はFWからSBまでこなすポリバレントな存在として重宝されている。

さらに夏に水戸ホーリーホックから加入した平野佑一もすぐに浦和のスタイルにフィットした。守備的なボランチが多かった中で、最終ラインから前線をつなぐ縦のリンクマンとしての役目を全う。ポゼッション時には、リズムを停滞させることなく攻撃のギアを上げることができる選手だ。

彼らはリカルド・ロドリゲス監督が実際に徳島ヴォルティスでの監督時代に戦っていた選手だ。リカルド・ロドリゲス監督自身が過去に見定めて、その中で自らのスタイルに合う選手たちを選出しているのだろう。

彼らは大学からJ2を経由して浦和に加入している。近年は古橋亨梧や坂元達裕のような、大学からJ2を経験して“個人昇格”を果たす選手が一種のトレンドとなっている。大学やJ2で力を付けた選手をリカルド・ロドリゲス監督の目を通して戦力化できているのは好循環だ。

また大学経由ではないものの、2試合連続得点中の汰木康也もモンテディオ山形から獲得した“個人昇格組”である。J2でキャリアをスタートさせ、現在は浦和を支えている彼らがJ1でトップに立つ姿も見てみたい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ