相手に合わせた戦術でEURO無敗をキープ グループ突破へ“負けないスタイル”を確立するチームは

前線の起点となるイサク photo/Getty Images

グループEで首位を走るスウェーデン

UEFA EURO2020のグループEで2試合を終えて首位に立つのは、2大会ぶりの優勝を目指すスペイン代表ではなく、そのスペインと初戦で引き分けたスウェーデン代表だ。2試合を終えて1勝1分の勝ち点4を獲得。残すはポーランド代表のみとなっており、決勝トーナメント進出の可能性は十分高い。

そんなスウェーデンのEUROの2試合は対照的な内容だった。初戦のスペイン戦ではスウェーデンの支配率がまさかの「25%」を記録。ボールを持ってリズムをつくるスペインに対してあえてボールを持たせて後方に下がって守備を行った。スウェーデンはGKのロビン・オルセンを中心とした守備で完封。スペインも決定機を決めきれずにスコアレスドローで終了した。

しかし、守備一辺倒だったスペイン戦から3日後のスロバキア戦では自らボールを保持して攻撃的なスタイルを展開。スペイン戦では見られなかったパスワークからの攻撃もあり、PKでの1点を守りきり勝利した。スペイン戦での無失点が自信になったか、1点を取ってから守備に回っても安定感は崩れなかった。

そんな相手によってスタイルを変える形が当たっている。相手の弱点を突いた形で“負けないスタイル”を追求。得点はPKの1点のみだが 2試合無失点で無敗を維持している。それを体現できるのは最前線で身体を張りながらランニングを繰り返すことができるアレクサンドル・イサクの存在が大きい。いまだノーゴールながら一発を決める脅威を感じさせるストライカーがチームに大きく貢献している。

グループステージ突破がかかったポーランド戦はどんなスタイルを見せてくれるのか。首位通過となれば、決勝トーナメントではグループ3位の国と対戦となり、是が非でも勝利がほしいところだろう。ポーランド戦は23日の25時キックオフとなる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ