悩めるポグバに新たな活躍の場を 提案される“FW”へのコンバート案

マンUのポグバ photo/Getty Images

ポグバはFWで起用すべき?

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバの立場が怪しい。2020-21シーズンが開幕してから、この中盤戦士は赤い悪魔において定位置を失っている。昨季はチームのプレミア3位フィニッシュに多大な貢献を果たしたポグバだが、今ではベンチを温める時間が増えた。

今季ここまでの1試合平均出場時間は、たったの47.9分(11試合出場で527分間)。昨季はチームの心臓とも言える存在だった男は、突如として苦しい状況に追い込まれることとなってしまった。現行システムで一枠しかない攻撃的MFの席にはブルーノ・フェルナンデスが君臨しており、中盤にポグバの入る隙がないのだ。これまで怪我で試合を欠場することも多かった同選手だが、純粋なチーム内競争に敗れるのはこれがほぼ初めてと言っていい。本人もこの現状には危機感を覚えているようで、先日は「これほど困難な時期は、自分のキャリアの中で初めてだよ」とのコメントを残している。

そんなポグバが再びスタメンの座に返り咲くには、何をする必要があるのか。元イングランド代表FWピーター・クラウチ氏が提案するのはなんとアタッカーへのコンバートだ。英『Daily Mail』にて、同氏はポグバのFW起用は一考の価値があるのではないかと主張。前線に違いをもたらすリンクマンとしての起用を、オーレ・グンナー・スールシャール監督に勧めている。

「私はこの可能性を今まで考えたことはなかった。だが、この状況で彼が生き残る道はFWへのコンバートなのではと思ったんだ。決してシーズン20ゴールを奪うストライカーにはならないだろう。しかし、彼は卓越したリンクプレイヤーとなるために必要な全てを持っている。ポグバはスティーブン・ジェラードがイングランド代表でプレイしていた際のように、ゲームへ影響を与えることができると思うよ」

「私はポグバに関して、彼はピッチ上で常にもう一段階か二段階ギアを上げることができる選手だと思ってきた。試合がうまく運んでいないとき、スティービーは自らボールを運んで得点していたが、まさにポグバはそうなることができると思う。現実的ではないかもしれないけれど、一度そのポジションでプレイするポグバの姿を見てみたいね」

かなり大胆な発想だが、一案としては非常に面白いか。実際、リーガ ・エスパニョーラではアトレティコ・マドリードに所属するマルコス・ジョレンテが、昨季終盤戦にMFからFWへのコンバートを成功させている。ボールを捌ける選手が1.5列目に入ることで、マンUの攻撃がさらに活性化する可能性は低くない。加えてポグバは身長191cmと十分なサイズも備えており、ポストプレイでも役に立つ。ポジションを上げることで一撃必殺のロングパスを繰り出す機会こそ減るかもしれないが、これは非常に興味深いプランと言えるだろう。

中盤において立場が怪しくなっているポグバに提案されるFWへのコンバート案。はたして、今後マンUでフランス代表MFが新たな一面を見せるときはやってくるのだろうか。身長191cmのテクニシャンがゴールにより近い位置でプレイすれば、相手にとっては相当な脅威となるはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ