いずれ“メッシ&C・ロナウド級”に ドイツで磨かれる超弩級の才能

ドルトムントのサンチョ photo/Getty Images

「彼には絶対の自信とクオリティがある」

ドイツで躍動する若き超絶アタッカーは、いずれサッカー界最高クラスのタレントとなるのだろうか。ドルトムントに所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスが、同じチームで活躍する20歳の才能を絶賛している。

その20歳とはイングランド代表FWジェイドン・サンチョだ。今や世界が注目するアタッカーに成長した同選手。2018-19シーズンにブンデスリーガで12ゴール17アシストを記録しブレイクすると、続く2019-20シーズンには17ゴール17アシストという離れ業をやってのけた。この2年で、彼はワールドクラスの仲間入りを果たしたと言っていいだろう。

そんな若き才能に最高級の賛辞を送るのがチームメイトのロイスだ。同選手は将来的にサンチョがサッカー界最高レベルの選手になると主張。8月に彼がクラブとの契約を2023年まで延長し、ほぼ残留が確定した喜びと併せて独『Sky Sport』へ次のように語っている。

「僕たちにとって、それは素晴らしいニュースだったよ。ジェイドンはアシストとゴールのどちらも決めてくれる選手だから、彼ともう1年過ごせることにチームメイトは歓喜した。この残留のおかげで、僕らはもっと勝ち点を稼ぐことができるだろう」

「ゆくゆくはリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドと同じくらいビッグな選手になると思うよ。あと彼に必要なのは時間と経験だ。物事がうまく運ばない時に、どうやってそれに対処するかが重要になってくるだろう。でも、彼には絶対の自信とクオリティがある。たとえ壁にぶち当たったとしても、乗り越えるだろうね」

いずれサンチョはメッシやC・ロナウドの領域にも到達するはずだとロイス。はたしてその期待通り、この超級タレントはこのまま順調に成長していくことができるのだろうか。なんでもできる20歳のプレイからは、今後も目が離せない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ