“NEXTヴァラン”の新天地デビューはいつになる アーセナルが期待する若きCB

アーセナルのサリバ photo/Getty Images

指揮官は慎重に起用する方針

昨夏に獲得こそしていたものの、1年間サンテティエンヌへのレンタルを経て今夏ようやくアーセナルに合流することとなったDFウィリアム・サリバ。おそらく、多くのファンが彼の到着を待ちわびていたことだろう。各方面から“NEXTラファエル・ヴァラン”と称される19歳だけに、期待するのも無理はない。

しかし、ミケル・アルテタ監督は2020-21シーズンの開幕から公式戦3試合で未だサリバを一度も起用していない。今夏同じタイミングでリールから加入した22歳DFガブリエウ・マガリャンイスは出場機会を得ているのに、なぜかサリバだけはプレイタイムを与えられていないのだ。試合を見ながら、少し心配に思っていた人もいたことだろう。

だが、これはアルテタ監督がサリバのことを思って出場を見送っていたのだという。英『THE Sun』によると、指揮官はこの19歳がまだアーセナルへの適応の最中だということを強調し、チームに完璧に順応するまで時間を与える方針だと明らかにしている。

「ウィリアムは本当にうまくやっているよ。彼はクラブにも、イングランドのサッカーにも適応しようとしている。昨季の彼は何度か負傷に悩まされた。将来の我々にとって非常に重要な選手となるかもしれないだけに、起用は慎重にしていこうと思っているんだ。物事には時々、時間がかかることがある」

「ダビド・ルイスはマガリャンイスとサリバにとって本当に良いロールモデルになると思うよ。ダビドは人として、選手として素晴らしい。そのキャリアで多くのことを成し遂げているから、彼がチームにいたことは2人にとってラッキーだったと思うよ」

将来のことも考え、この若さで無理をさせる必要はないとアルテタ監督は考えている様子。はたして、サリバがアーセナルの選手として初めてピッチに立つ日はいつになるか。万全の状態を整えて“NEXTヴァラン”が躍動する日を、全てのファンが待ちわびている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ