100ゴール中“95ゴール”がペナルティエリア内 ペップの下で覚醒するウイング

マンCのスターリング photo/Getty Images

ペップの下で1番伸びた男か

スピード自慢のアタッカーから、得点を奪える決定的な存在へ。

ジョゼップ・グアルディオラの下では数名のアタッカーが覚醒してきたが、マンチェスター・シティFWラヒーム・スターリングもその1人と言っていいだろう。

若い頃よりスピードを活かした突破力は高い評価を得てきたが、ゴール前での精度は今ひとつとの印象があった。

実際、2016-17シーズンまでは全てのコンペティション合わせて10点ほど奪えれば良い方だった。

それを変えたのがグアルディオラだ。スターリングの得点意識は大きく変わり、ペナルティエリアへ侵入するタイミングもどんどん良くなった。2017-18シーズンには計23点を奪い、昨季は25点、そして今季は31点まで伸びた。

7日に行われたレアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでも貴重な得点を決めたが、あれがマンC加入後ちょうど100点目だ。

チャンピオンズリーグでは通算20点目となったが、英『sky Sports』によればイングランド人選手で20点台に乗せたのはスターリングで6人目だという。

ウェイン・ルーニー、フランク・ランパード、スティーブン・ジェラード、ポール・スコールズ、ハリー・ケイン、そしてスターリングの6人だ。

しかもスターリングは25歳と243日で20得点を達成することになり、これは24歳と157日で達成したルーニーに次いでイングランド人選手2番目の速さとなる。

グアルディオラがマンCの指揮官に就任して以降、最も伸びたのはスターリングかもしれない。

マンCで決めた100点のうち、ペナルティエリア内から決めた得点は95点と圧倒的な割合を占めている。ゴール前でのポジショニングや、シュートの意識などが改善されている証拠と言えよう。

すっかり得点を計算できるアタッカーへ成長したスターリングは、ワールドクラスと呼ぶにふさわしい。新・黄金世代とも言われる現在のイングランド代表を、ケインとともに引っ張っていく存在となっている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ