韓国代表FWに何を求める? 1人でヴェルナーの穴埋めは不可能だ

ライプツィヒへの移籍が決まったファン・ヒチャン photo/Getty Images

ヴェルナーの穴埋めとも期待されるが……

今夏にFWティモ・ヴェルナーをチェルシーへ送り出すライプツィヒは、その穴埋め候補の1人としてザルツブルクから韓国代表FWファン・ヒチャンの獲得を決断した。

ザルツブルクからライプツィヒへ向かうのはお決まりのパターンであり、ファン・ヒチャンもアーリング・ハーランドや南野拓実と同じようにオーストリアから欧州五大リーグへのステップアップを果たしたことになる。

とはいえ、ファン・ヒチャンをヴェルナーの後釜と考えるのは無謀だろう。能力はある選手だが、さすがにヴェルナーと比較されるのは苦しい。

独『Kicker』によると、ライプツィヒのマルクス・クロッシェSDもヴェルナーの穴を1人のアタッカーで埋めるのは難しいとの認識を示している。

「我々が言うように、ヴェルナーの代わりを1人で埋めることはしない。なぜなら、ヴェルナーは特別な選手だからね。ファン・ヒチャンはすでに高いレベルで結果を出せると証明している。彼には豊富なスピードがあり、最終ライン背後へのランニングも良い。ゴールを背にした解決法を見つける力もある」

ヴェルナーほどではないが、ファン・ヒチャンもスピード自慢のアタッカーだ。チームとしては二桁得点は期待したいところだが、ファン・ヒチャンはどこまで期待に応えられるのか。

ライプツィヒは今後も動きを見せるはずで、大エース・ヴェルナーの穴をどう埋めてくるのか楽しみだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ