ボールを持っていない時は“世界最悪の1人” アーセナルの10番へ強烈批判

アーセナルのエジル photo/Getty Images

アーセナルで絶対的な存在になれず

欧州屈指のチャンスメイカーと呼ばれる選手は、やはりボールを持った時にこそ輝きを増す。そうした選手はポゼッション率を高く保つチームでプレイする必要があるのだ。

「ボールを持っていない時はワーストプレイヤーの1人」

英『sky Sports』にて、アーセナルOBポール・マーソン氏よりこう切り捨てられたのは現アーセナルMFメスト・エジルだ。

プレミアリーグ再開後もエジルの出番は増えず、相変わらずファーストチョイスになりきれていない。マーソン氏は、今のアーセナルのスタイルにエジルは合っていないと主張する。

「エジルは適切なチームでプレイすべき代表的な選手だと思う。彼は大きく成功しているチームでプレイしないといけないんだ。今のアーセナルで彼はプレイできない。30代となった今の彼が変化することはないし、アーセナルも彼のためにスタイルを変えることをしないだろう。彼は戻らないし、相手を追いかけない。毎試合70%ほどボールを支配するチームは彼を必要とし、そこでならプレイすることになる」

「彼はボールを持っていない時に興味を失う。ボールを持っていなければ、彼は世界最悪の選手の1人だよ。私はそう言うね」

エジルもサボる選手ではないが、確かに守備面で強みを発揮するタイプではない。相手を追いかけ、スライディングタックルを喰らわせるような選手ではない。

現代でポゼッションにこだわるチームはそれほど多くないが、エジルにとってのベストクラブはどこなのだろうか。才能は抜群だが、使いにくい選手の1人と言える。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ