またアヤックスに“金の卵”が出てきた 驚異の突破力誇る15歳への視線

世代別オランダ代表でプレイするカロコ photo/カロコのInstagramより

左サイドから仕掛ける圧巻のドリブル

昨夏にはMFフレンキー・デ・ヨングがバルセロナ、DFマタイス・デ・リフトがユヴェントスと、アヤックスから2人の超優秀な若手プレイヤーが羽ばたいた。

アヤックスは世界的に有名な育成上手のクラブではあるが、実はすでに次なる金の卵がブレイクを果たしつつある。

クラブ公式がスポットを当てたのは、今季U-15のカテゴリーにて23戦20ゴールと爆発した15歳のFWデイビッド・カロコだ。

主に左ウイングを主戦場とするカロコは、オランダ人アタッカーらしく個人技に優れたタイプだ。左サイドから自分で持ち込むプレイを得意としており、足下の技術はかなり高いように見える。

この投稿をInstagramで見る

Good start of the season

@adidasfootball Athlete(@kalokoh10)がシェアした投稿 -



なおかつ15歳にしてはサイズもあり、リーチの長さを活かして巧みに相手DFをかわしてくる。世代別オランダ代表でもプレイ経験があり、アヤックスが育てる次世代のスター候補といったところか。

ついに2005年生まれのプレイヤーに焦点が当たる時代となったが、カロコが本格的なブレイクを果たすのはいつになるのか。15歳時点ではかなり有望なプレイヤーと考えられているようだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ