アザールの風呂までついていきます エレーラが語る伝説の“徹底アザール潰し”

アザールに対応するエレーラ photo/Getty Images

モウリーニョからの指示完遂

名将ジョゼ・モウリーニョがマンチェスター・ユナイテッドを指揮していた時、チェルシー戦でFWエデン・アザールを徹底マークしたゲームがあった。

モウリーニョはチェルシーでも指揮を執っていたため、アザールの厄介さが分かっていたのだろう。

そしてアザールのマーク役を任されたのが、MFアンデル・エレーラだ。運動量豊富なエレーラが執拗にアザールを追いかけ、ゲームからアザールを除外してしまうことで優位に進めようとしたのだ。

英『The Athletic』にてエレーラが当時のことを振り返っているが、アザールが風呂に向かってもついていくほどの覚悟があったと語る。

「ジョゼも僕もアザールがプレミアリーグで圧倒的にベストプレイヤーだと理解していた。だから勝ちたければ、彼にボールを渡さないか、それを出来る限り減らす必要があった。ジョゼに言ったよ。必要とあらば、どこまでもアザールをマークする準備はできていると。彼がバスルームに行きたいなら、試合に勝ちたいからついていくよと」

大袈裟な表現だが、エレーラのマークは言葉通りの激しさだった。アザールとエレーラを除き、マンUとチェルシーは10対10で戦っているような感覚でもあった。

そうした大胆な守備戦術を採用出来るところもモウリーニョの強みだ。アザールを徹底マークした当時のチェルシーVSマンUも、プレミア史に残る好ゲームの1つと言えるだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ