“103ゴール”の猛攻撃 最強クラスだったアンチェロッティ・チェルシーの記憶

豪華攻撃陣擁した当時のチェルシー photo/Getty Images

2009-10シーズンの記憶

チェルシーにはどこか守備的なチームとのイメージもあるかもしれないが、プレミアリーグの歴史に残る猛攻撃を仕掛けた時代もあった。

今回英『90min』がスポットを当てたのは、カルロ・アンチェロッティが指揮した2009-10シーズンのチェルシーだ。

この時のチェルシーはとにかく攻撃的だった。デコ、ミヒャエル・バラック、フランク・ランパード、マイケル・エッシェンと中盤には豪華なプレイヤーが揃い、前線ではディディエ・ドログバとニコラ・アネルカが抜群のコンビネーションを披露。特別な補強したシーズンではないのだが、当時のチェルシーを止められるチームは現れなかった。

リーグ戦ではドログバが29得点を記録し、ランパードもMFながら22点、FWフローラン・マルダが12点奪ったことも大きく、ドログバの相棒・アネルカも11点を奪った。チームに二桁得点者が4人もいるのは大きい。

最終的には103得点も奪ってリーグ制覇を達成。サンダーランド(7-2)、アストン・ヴィラ(7-1)、ストーク・シティ(7-0)、ウィガン(8-0)と、プロとは思えぬ点差がつく試合がいくつかあったのも特徴的だ。

FA杯も制し、アンチェロッティは見事に2冠達成。同メディアはサポーターも当時のような流れる攻撃のフットボールを求めているのではないかと伝えているが、当時のシーズンは毎試合サポーターが興奮できるポイントがあった。

ジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティが2017-18シーズンに106得点を奪ったことでチェルシーの印象が薄くなってしまったが、アンチェロッティ・チェルシーもプレミアの歴史に残る最強チームの1つで間違いないだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ