“世界最強”センターバックの理由がここにある リヴァプールの番人の恐ろしさ[映像アリ]

リヴァプールのファン・ダイク photo/Getty Images

パスもフリーキックも何でもこなす

リヴァプールのDFフィルジル・ファン・ダイクがなぜ現世界最高のセンターバックと呼ばれるのか。それは何も守備能力だけが優れているからではない。

ファン・ダイクの凄いところは、センターバックながら何でも出来るパーフェクトプレイヤーであることだ。

英『GIVE ME SPORT』がファン・ダイクの優れているポイントをまとめているが、トラップからスピード、キック精度まで本当に穴がないことが分かってくる。

1.センターバックとは思えぬトラップ



まずはこちら。同メディアはセンターバックがこのトラップをする必要はないと伝えているが、ファン・ダイクはアタッカー級のコントロール能力を備えている。



2.高精度なロングフィード



止めて蹴るはサッカーの基本だが、ファン・ダイクはその基本を極めている。センターバックの中には足下の技術を苦手とする者もいるが、ファン・ダイクにその不安はない。

昨季もバイエルン戦にてクォーターバックのようなピンポイントパスでサディオ・マネのゴールをアシストしている。



3.フリーキックもこなせる



そのキック精度があれば、フリーキックだってお手の物。セルティック時代には直接フリーキックも担当し、軽々とネットを揺らしている。



4.トラオレにも勝ってしまうスピード



ウォルバーハンプトンFWアダマ・トラオレは現サッカー界でも最高クラスのスピードスターと評判だが、ファン・ダイクならそのトラオレのトップスピードを止めてしまえる。

かつてこれほど大きくて速いセンターバックがいただろうか。




パス、トラップ、スピード、そしてセンターバックとして冷静に相手の攻撃を読む分析力と、ファン・ダイクには弱点らしい弱点が見当たらない。理想のセンターバックを具現化したのがファン・ダイクという選手なのかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ