“Mr.ファイナル”の勝負強さは異常 記録より記憶に残る怪物FWドログバ[映像アリ]

チェルシーで活躍したドログバ photo/Getty Images

とにかく大舞台に強い

優秀なストライカーの条件の1つに、大舞台でチームを勝利へ導くゴールを決められるかどうかが挙げられる。ゴールを量産しても、決勝など大事なゲームでゴールを決めなければ優秀とは認められない。

その勝負強さで言うならば、Mr.ファイナルとも呼ばれる元チェルシーFWディディエ・ドログバはもっと絶賛されるべきストライカーだ。チェルシー時代には2度プレミアリーグ得点王を獲得しているが、ドログバの場合はゴール数よりもビッグゲームでゴールを連発してきたところに真の価値がある。

・VSアーセナル(リーグカップ 2006-2007 決勝 )



・1点目



・2点目



まずは当時のカーリングカップ2007決勝より、アーセナル相手に2点を奪ったゲームだ。アーセナルはドログバにとってお得意先のような相手となっていたが、ドログバはこのゲームでも2点を挙げてチームを2-1の勝利へ導いている。

・VSマンチェスター・ユナイテッド (FA杯・2006-2007 決勝)





同年にはFA杯も制覇。マンU守備陣の隙を突き、味方とのワンツーで一気にペナルティエリアへ侵入。チェルシーはこの1点を守り切って優勝しているが、まさに一瞬の動きで勝利へ導くストライカーのお手本のような動きだ。

・VSポーツマス(FA杯・2009-2010 決勝)





こちらも同じく1-0のスコアで勝利しているが、ドログバにはフリーキックもある。流れの中からの得点が難しければ、セットプレイで勝利へ導く。Mr.ファイナルと呼ばれる男の引き出しは豊富だ。

・VSリヴァプール(FA杯・2011-2012 決勝)





リヴァプールも何度かドログバに苦い思いをさせられているチームだ。このゴールでチェルシーは2-0とリードすることになり、最終的には2-1の勝利を収めた。

・VSバイエルン チャンピオンズリーグ・2011-12 決勝)





そして最後は忘れてはならないチャンピオンズリーグ決勝だ。バイエルンが1-0とリードして迎えた試合終了間際、チェルシーはドログバがコーナーキックから起死回生の同点ゴール。PK戦まで持ち込み、最後もドログバがPKを決めて勝利をもぎ取った。ドログバ無しで優勝はあり得なかっただろう。


ドログバは記録にも記憶にも残るストライカーだ。ドログバなら決勝で何かやってくれるのではないか。当時のチェルシーサポーターもそんな期待を抱いていたに違いない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ