絶対守護神・ノイアーの気になる今後 ニューベルに出場機会を保証との話題も

バイエルンへ加わるニューベル photo/Getty Images

来季より後継者候補が加入

バイエルンは4日、シャルケからドイツ期待の若手GKアレクサンダー・ニューベルの獲得を発表した。

ニューベルはドイツの世代別代表でプレイしてきた逸材で、シャルケでも23歳の若さで主将を任されていた。シャルケで成長したことからドイツ代表GKマヌエル・ノイアーとの比較まであり、ノイアー2世の呼び名とともに期待されている選手だ。

シャルケからバイエルンへ移籍する流れもノイアーと全く同じで、ニューベルは2020-21シーズンよりバイエルンに合流する予定となっている。ただ、気になるのはニューベルに出番があるのかどうかだ。

今季もバイエルンではノイアーがゴールを守っており、もちろんノイアーもニューベルにポジションを譲る考えはないだろう。GKは試合途中に交代するようなポジションでもないため、ニューベルが出場機会を失う恐れだってある。

しかし独『Sport1』は、ニューベルとバイエルンの間で一定の出場機会を保証する契約があるのではと伝えている。ノイアーは今年の3月で34歳を迎えるが、バイエルンが本格的に世代交代へ動き出したということなのだろうか。

先日ノイアーは常にプレイしたいとの考えを口にしていたが、バイエルンは来季どのような変化を遂げるのか。ベテランとなったノイアーの扱いを巡っては様々な意見があり、今年はEURO2020を含めノイアーのポジションに注目が集まる1年となりそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ