身体能力抜群の2人が築く“赤い壁 ” プレミア最強のセンターバックコンビへ 

リヴァプールのファン・ダイクとゴメス photo/Getty Images

6試合連続でクリーンシート

フィルジル・ファン・ダイクにとってベストな相棒は誰なのか。これはリヴァプールでも議論されてきたものだが、その答えは少しずつ見えてきているのかもしれない。

全てにおいてパーフェクトというわけではないが、英『sky SPORT』が「プレミアリーグ最高のディフェンス・コンビか?」と称えたのはファン・ダイクと若いジョー・ゴメスのコンビだ。

ゴメスも粗削りな部分はあるが、クリーンシートが増えているのは信頼すべきデータとなる。今季ゴメスは先発の機会がなかなか増えなかったが、昨年12月7日のボーンマス戦からは6試合連続で先発。その6試合とも無失点で切り抜けているのだ。

今季のリヴァプールは失点が続く時期があったため、後半戦へクリーンシートが増えてきたのは大きい。ゴメスは身体能力を活かして広範囲をカバーすることができ、若気の至りも感じさせるアグレッシブなゴメスをディフェンスリーダーのファン・ダイクが冷静にサポートする形が合っているのかもしれない。

もちろんこのコンビをプレミア史上最強と呼ぶのは難しい。SNS上でもチェルシーでのジョン・テリー&リカルド・カルバーリョ、マンチェスター・ユナイテッドでのリオ・ファーディナンド&ネマニャ・ビディッチの方が上との意見も出ている。

しかし、ゴメスとファン・ダイクのコンビが彼らレジェンドに並ぶ日が来ないと決めつけることはできない。このままコンビを継続すれば、プレミアの歴史に残ることになる可能性だってある。

昨季はゴメスが負傷離脱した期間があったため、このコンビが固まらなかったところがある。今季は怪我を無くし、ファン・ダイクとのコンビを継続したいところ。次節はマンUとの戦いが予定されており、こちらもクリーンシートで乗り切りたい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ