もう2020年代ベストゴール候補が飛び出た!? アジアの点取り屋が驚愕の一撃

バイシクルを放つジャハンバクシュ photo/Getty Images

新年からとんでもないゴール

まだ2020年がスタートしたばかりだが、すでに2020年代ベストゴール候補と呼べるスーパーゴールが飛び出した。決めたのは、イングランドのブライトンに所属するイラン代表FWアリレザ・ジャハンバクシュだ。

ジャハンバクシュといえば前節のボーンマス戦でようやくブライトン移籍後初得点を決めることになり、521日ぶりにリーグ戦で得点を決めたと話題になったアタッカーだ。

あれから3日。ブライトンは1日にチェルシーと対戦したのだが、0-1で迎えた84分にジャハンバクシュが驚異の一撃を放つ。

コーナーキックからペナルティエリア内で混戦になると、浮いたボールをジャハンバクシュが思い切ってバイシクルシュート 。これがゴールに吸い込まれ、ブライトンが2020年初陣からとんでもないゴールでチェルシー相手に勝ち点1を奪うことになった。

英『The Sun』がSNS上でのサポーターの反応をまとめているが、早くも2020年代ベストゴール候補の1つとの意見が出ている。確かにそれだけのインパクトはある一撃だ。

「2020年最初のゲームで我々は今後10年のベストゴール候補を見た」

「2020年代に入った初日、ベストゴール候補を見たのかもしれない」

「自分が見た今年最初のゴールがオーバーヘッドだ」

もちろん2030年を迎えるまでに数多くのビューティフルゴールが生まれることだろうが、このジャハンバクシュの一撃も2020年代ベストゴール候補として長く語られていくことになるかもしれない。得点を奪えずに苦悩していたアジアの点取り屋が2019年の終わりから目覚め始めている。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ