ルカクの相棒が“1億ユーロ級”のFWへ 覚醒するインテルもう1人の点取り屋

インテルのマルティネス photo/Getty Images

爆発の2年目に

今季よりアントニオ・コンテが指揮するインテルではFWロメル・ルカクやMFステファノ・センシなど新戦力に大きな注目が集まっているが、目覚めた2年目のストライカーも忘れてはならない。

昨夏アルゼンチンのラシン・クラブより加入したFWラウタロ・マルティネスだ。昨季はリーグ戦27試合で6得点とやや消化不良なシーズンだったが、今季は開幕から10試合ですでに5得点を記録。ルカクの相棒の座をがっちりと掴んでいる。昨季以上の得点数を記録するのは間違いないだろう。

アルゼンチン代表メンバーにも選ばれており、22歳のマルティネスは今後のアルゼンチンサッカー界を引っ張るアタッカーの1人に数えられている。セリエA2年目で本領発揮となり、その活躍からバルセロナまでもが興味を示しているという。

スペイン『MARCA』もマルティネスのブレイクを取り上げており、インテルに加わる時は2500万ユーロだった市場価値が4倍の1億1100万ユーロまで跳ね上がったと伝えている。ルイス・スアレスの後継者を探すバルセロナが獲得へ本腰を入れるなら、1億ユーロ超えの移籍金が動くことになるかもしれない。

今季はチャンピオンズリーグでもバルセロナ、ドルトムント相手にゴールを決めるなど、マルティネスの評価は急上昇だ。コンテの下で覚醒しつつあるアルゼンチン人ストライカーはどこまで伸びるのか。ルカクだけでなく、その相棒もワールドクラスの存在になろうとしている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ