“ドイツ最高DF”が迎える復活の時 ドルトムントSD「2020年もそう言う」

ドルトムントのフンメルス photo/Getty Images

古巣復帰で変わる状況

今年3月、ドイツ代表で大きな変化が起きた。代表を指揮するヨアヒム・レーヴがバイエルンでプレイしていたトーマス・ミュラー、ジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルスの3人を実質的な構想外としたのだ。

3人は2014ブラジルワールドカップ制覇に貢献した重要人物たちだが、衰えたとの意見も目立っていた。特にセンターバックのボアテングとフンメルスには厳しい視線が向けられ、このレーヴの選択を支持する声もあった。

しかし、今夏ドルトムント復帰を選んだフンメルスは状況が変わってきている。フンメルスは早くもドルトムントの最終ラインを統率する存在となり、評価も上がってきている。米『ESPN』によると、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDもフンメルスのドイツ代表復帰は可能だと主張する。ツォルクSDの中ではフンメルスこそドイツ最高のセンターバックとの認識なのだ。

「彼を獲得する少し前にも、彼が再び代表でプレイできると私は言った。私にとってフンメルスはドイツ最高のセンターバックなんだ。シーズンの前にも言ったし、今も言う。おそらく2020年もそう言うだろう。ただ、代表監督が電話するべきだね。ボールは向こうのコートにあって、こちらにはないよ」

フンメルスはまだ30歳で、年齢的には代表でも戦えるはずだ。ドルトムントでハイパフォーマンスが続けば、レーヴも無視はできないか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ