『FIFA20』でベイルの評価が大幅ダウン!? 前作から落ちる厳しい現実が

レアルのベイル photo/Getty Images

英メディアがレーティングを紹介

9月27日より発売が開始する大人気サッカーゲーム・FIFAシリーズの『FIFA20』。発売日よ早く来いと楽しみにしているサッカーファンも多いはずだが、発売日を前に一部の選手の能力データに関する話題が徐々に出てきている。

中でも英『Sportbible』が注目したのが、レアル・マドリードFWガレス・ベイルだ。ベイルはワールドクラスのアタッカーと認められてきた存在だが、昨季は評価を落とすシーズンになってしまった。今夏も放出が既定路線と言われるなど、苦しい時間を過ごしてきたのは間違いない。

それが数字に反映されたということなのだろうか。同メディアによれば、ベイルの能力値は前作のFIFA19からマイナスになっているという。前作ではベイルのレーティングは88となっていたが、今作では85になるとか。特徴的なのはスピードが95から91まで落ち、シュート、ドリブル、パスも全てダウンだ。同メディアは大きなグレードダウンと伝えており、ゲームの世界の評価は厳しい。

レアルの選手で評価が落ちたのはベイルだけではない。MFトニ・クロースはレーティング90から88に落ちる。シュート、ドリブル、守備に加えてスピードが大幅に落ちているようで、こちらも評価は厳しい。

一方、大きく上がったのはFWカリム・ベンゼマだ。昨季得点力を再び開花させたベンゼマは、レーティング84から87へアップ。シュート、パス、ドリブル、守備、フィジカルの数値が上がっている。再び点の取れるセンターフォワードとして注目が集まってきているようだ。

ベテラン選手がゲームの世界で数値を上げていくのは簡単ではないが、こうした前作との違いも楽しみの1つだ。他にもFIFA19から評価を上げている選手はいるはずで、ますます発売が待ち切れないか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ