大ブレイクの19歳止まらない! ブンデス史上最年少15ゴール決めた男の脅威

ドルトムントのサンチョ photo/Getty Images

ドルトムントを引っ張る存在に

23日に行われたブンデスリーガ第2節のケルン戦でドルトムントを救ったのは、またしても19歳のアタッカーだった。

今やすっかりドルトムントの中心選手となったドルトムントMFジェイドン・サンチョは、ケルン戦でもフル出場。0-1で迎えた70分には右サイドから左足で強烈な同点弾を記録し、試合終盤には冷静な横パスでパコ・アルカセルのゴールをアシストしてみせた。これで開幕節に続いての1ゴール1アシストだ。

ブンデスリーガ公式によるとサンチョは今回のゴールでブンデスリーガ通算15点目となり、史上最も若い年齢で15得点を記録した選手となった。これまでは1967年にシュツットガルトでプレイしていたホルスト・ケッペル氏が記録を持っていたが、サンチョはそれよりも34日だけ早く15点目を決めることになった。

同サイトはケルン戦で決めたサンチョのゴールをアリエン・ロッベン風のゴールと表現しており、称賛は止まらない。ドルトムントが目指すはリーグ制覇だが、それを叶えられるかはサンチョ次第と言ってもいいだろう。

また、ベンチにはマリオ・ゲッツェ、ユリアン・ブラント、マフムード・ダフード、トーマス・デラネイらも控えている。今やドルトムントの選手層は恐ろしいレベルとなっており、リーグ制覇へ視界は良好だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ