パニックバイ、グレードダウン? バイエルン新ウイングに厳しい声も

バイエルンに加わるペリシッチ photo/Getty Images

サネより実力は劣るのか

今夏に新たなウイングの補強を求めているバイエルンは、マンチェスター・シティのレロイ・サネをメインターゲットの1人としてきた。サネはシャルケでプレイしていた経験からブンデスリーガの環境を理解しており、しかもドイツ代表選手だ。バイエルンにとっては理想的な選手だったに違いない。

しかし、サネは今月4日に行われたリヴァプールとのコミュニティ・シールドで負傷してしまい、半年ほど離脱することになった。バイエルンは急遽ターゲットを変更することになり、最終的にはインテルからイヴァン・ペリシッチをレンタルで獲得する流れとなった。

ペリシッチはクロアチア代表のアタッカーで、左右両足を遜色なく使いこなすプレイヤーだ。ブンデスリーガでのプレイ経験もあるのだが、この補強に鋭い反応を示したのがマンCサポーターだ。ペリシッチも実力ある選手だが、サネよりは劣ると評価。バイエルンの補強は失敗との声も挙がっているのだ。

英『Manchester Evening News』によるとマンCサポーターからは、「サネからペリシッチへ、グレードダウンだ」、「バイエルンサポーターはサネを獲得すると考えていただろうが、結局はペリシッチだ」、「明らかなパニックバイだ」との声が挙がっているという。

ペリシッチも相当の実力者ではあるものの、縦への爆発的なスピードや今後の成長を考えるとサネの方が評価は高くなるだろう。バイエルンはまだサネにチャレンジする考えも持っているようだが、サネはまず怪我から復帰するところからスタートしなければならない。その代わりとしてペリシッチを獲得したわけだが、ペリシッチはサネ以上のインパクトを残せるだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ