“バルセロナのロッベン”!? 神戸相手に2ゴールを決めた21歳は何者か

バルサのカルレス・ペレス photo/Getty Images

Bチームで暴れる期待のアタッカー

27日に行われたヴィッセル神戸VSバルセロナの楽天カップでは、バルセロナのスーパースターがどんなパフォーマンスを見せてくれるかが1つの注目ポイントだった。セルヒオ・ブスケッツ、イヴァン・ラキティッチ、アントワーヌ・グリーズマンらワールドクラスの選手たちも先発しており、特に新加入グリーズマンの登場に興奮した日本のサッカーファンは多いはず。

しかし、このゲームでバルセロナを勝利に導いたのは21歳のFWカルレス・ペレスだった。ペレスはバルセロナのカンテラ出身選手で、昨季リーガ・エスパニョーラ1試合にだけ出場した選手だ。日本のサッカーファンにとって馴染みのない選手だったと言えよう。

では、カルレス・ペレスとはどんな選手なのか。『90min』が特集しているが、同メディアは「バルセロナのロッベン」と呼ばれる時があると紹介している。ペレスはウイングを本職とするレフティーで、神戸戦では左サイドから2得点を挙げている。そのスピードと小刻みなステップワークは神戸の守備陣を苦しめることになり、シュート精度も高かった。

昨季バルセロナのBチームでは最多となる9得点を記録しており、トップチームでチャンスを与えられるにふさわしい選手と言えよう。同メディアによれば指揮官エルネスト・バルベルデの中にはMFカルレス・アレニャ、リキ・プイグ、オリオル・ブスケッツ、DFファン・ミランダ、FWアベル・ルイスの5人に積極的にチャンスを与えていく考えがあったようだが、ペレスも候補に入ってくるはずだ。

前線は陣容が厚いが、ペレスは割って入れるだろうか。神戸戦のパフォーマンスで評価は変わってきたはずで、バルセロナのロッベンの本格ブレイクに期待したい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ