無所属続く元仏代表DFエブラが現役引退 今後についても言及

マンU時代には欧州制覇も成し遂げたエブラ photo/Getty Images

“カンフーキック”以降苦しい状態が……

現在無所属の状態が続いている元フランス代表DFパトリス・エブラが、現役引退を表明した。

現在38歳のエブラは、これまでモナコやマンチェスター・ユナイテッド、ユヴェントスなどで活躍。2006年から8年半にわたってプレイしたマンU時代には、欧州制覇やプレミアリーグの3連覇など数々のタイトル獲得に貢献し、黄金時代を築き上げた。また2014年からプレイしたユヴェントスでも、イタリア常勝軍団の礎を作り上げ、2014-15にはチャンピオンズリーグでチームを決勝の舞台へ導いていた。

そして、エブラにとって転機となってしまったのが、2017年のマルセイユ移籍だ。加入直後からチームの主力としてプレイし、ゲームキャプテンを任されることもあったが、同年11月に行われたギマランエス戦(ヨーロッパリーグ)で、試合前にサポーターへカンフーキックを見舞う事件を起こしてしまう。この件を受けてマルセイユはエブラとの契約を解除した。フリーとなったエブラは2018年2月にウエストハムへ5ヶ月間の短期契約で加入するも、思うような出場機会を得られず、シーズン終了後に退団。1年以上も無所属となっていた。

そんなエブラが現役から退くことを決断した。仏『FOOT MERCATO』など複数のメディアによると、「私の選手キャリアは正式に終了した」との声明を発表。さらに「2013年にUEFA B コーチングライセンスのトレーニングを開始しているが、これからはそれを終えて、UEFA A ライセンスにも合格したいと考えている。全てがうまくいけば、1年半でチームを指揮することができる準備ができると思う」と、今後は指導者を目指すこと明らかにしたという。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ