マンCに”マグワイア2世”がいる!? ポテンシャル間違いなしの17歳とは

マンCのテイラー・ハーウッド・ベリス photo/Getty Images

U-17イングランド代表の主将

今夏にDFヴァンサン・コンパニが母国ベルギーのアンデルレヒトへ向かったこともあり、マンチェスター・シティは代わりとなるセンターバック獲得へ動くと考えられていた。そのターゲット候補の1人に挙がっていたのが、レスター・シティDFハリー・マグワイアだ。

イングランド代表の一員として昨年のロシアワールドカップも戦っているマグワイアは、コンパニと同じくフィジカルバトルに強みを持つセンターバックだ。後釜としては最適とも言える選手だが、現在マグワイアはマンチェスター・ユナイテッド行きへ近づいていると言われている。

マンCにとっては惜しい話かもしれないが、英『Manchester Evening News』はすでにマンCがマグワイア系のセンターバックを抱えていると主張する。その選手とは、17歳のテイラー・ハーウッド・ベリスだ。まだ若すぎるが、同メディアはハーウッド・ベリスにマグワイアと似た素質があると評価している。

ハーウッド・ベリスは17歳ながらU-23のカテゴリーでのプレイも経験しており、16歳の時点でUEFAユースリーグで得点まで決めている。U-17イングランド代表では主将も任されており、同メディアも生まれながらのリーダーと紹介している。

まだ体は出来上がっていないが、ポテンシャルに疑いの余地はない。空中戦の強さも評価されているようで、数年後にはマグワイアのような存在となっている可能性もある。今後の成長に期待だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ