メッシのアルゼンチンよりマラドーナの方が上 やはり代表では輝けないのか

肩を落とすメッシ photo/Getty Images

コパ・アメリカも結果が出ない

初戦のコロンビア代表戦を0-2で落とし、続くパラグアイ戦は1-1のドロー。コパ・アメリカ2019でもアルゼンチン代表に嫌な空気が漂ってきた。グループステージ2試合を終えた段階で勝ち点1しか獲得できていないのは、昨夏失望を味わったロシアワールドカップと同じ展開だ。

あの時は第3戦目でナイジェリアを2-1で撃破し、奇跡のグループステージ通過を果たした。今回は第3戦目でアジアからの招待国・カタールと対戦することになっているが、同じように最終戦で勝ち点3を獲得できるのだろうか。

チームは相変わらずリオネル・メッシ頼みで、メッシが違いを生み出さない限り得点機が訪れない。カタールもそこは分かっているはずで、人数をかけて潰しにくるだろう。

スペイン『MARCA』によると、かつてミランやレアル・マドリードを指揮した名将ファビオ・カペッロ氏はメッシのいるアルゼンチン代表よりも、ディエゴ・マラドーナがいた時のアルゼンチンの方が強いと改めて語っている。

「人々は2人について話をするが、マラドーナのアルゼンチン代表はメッシのチームより強くてクオリティがあった。メッシのチームは前線こそ優れた選手がいるが、中盤と後方は不足している。これが大きな問題だ」

メッシは代表でタイトルを獲得できていない。常にこの部分を指摘されてきたわけだが、それは今回のコパ・アメリカでも変わらないのか。早くもメッシ擁するアルゼンチンは窮地に追い込まれた。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ