主審が試合中に倒れ死亡 ボリビアリーグで一体何が[映像アリ]

ボリビアリーグで何とも痛ましい出来事が photo/Getty Images

心臓発作に見舞われる

日本時間5月20日に行われたボリビア1部リーグのオールウェイズ・レディ対オリエンテ・ペトロレロの一戦で、衝撃的な出来事が起きた。

両チーム無得点で迎えた47分すぎに、この試合で主審を務めたビクトル・ウーゴ・ウルタド氏が意識を失い転倒。同氏はすぐさまピッチ外へ運び出されたものの、搬送先の病院で死亡が確認された。英『BBC SPORT』などが伝えている。

同メディアによると、この試合は海抜3900mの地点にあるエル・アルト市立スタジアムで行われ、同氏は心臓発作で命を落としたとのこと。近年、空気が薄いことで知られる高地で試合を行うことの危険性が叫ばれているが、その高地で何とも痛ましい事故が起きてしまった。



参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ