CLベスト8敗退のユーヴェ、すでに視線は夏の市場へ リストに挙がる21歳

アヤックスに敗れたユヴェントス photo/Getty Images

今夏の補強は不可欠

チャンピオンズリーグ準々決勝でアヤックスに敗れたユヴェントスは、今夏に補強へ動くだろう。クリスティアーノ・ロナウドを加えたことで盤石の布陣が完成したようにも思えたが、まだ不十分だった。

伊『Gazzetta dello Sport』も、リーグ優勝が決定的な今ユヴェントスの関心は移籍市場へ向いていると伝えている。まず最初に行うのは19歳FWモイーズ・キーンとの契約延長交渉で、キーンは最近のパフォーマンスから戦力として計算できることが証明されている。来季も貴重なバックアッパーになるだろう。

またユヴェントスはパウロ・ディバラ、ドウグラス・コスタの退団にも備えているようで、フィオレンティーナFWフェデリコ・キエーザの名前が補強リストに挙げられているという。エンリコ・キエーザ氏の息子としても知られるフェデリコ・キエーザは今季ここまでリーグ戦6得点とやや物足りないが、数年後のブレイクが期待される若手アタッカーだ。将来性を考えての補強ならば頷ける。

また最終ラインの補強も必要だろう。ジョルジョ・キエッリーニ、レオナルド・ボヌッチのセンターバックコンビは安定しているが、キエッリーニも34歳だ。アヤックス戦2ndレグではキエッリーニが欠場していたが、代役を務めたダニエレ・ルガーニはまだワールドクラスのDFとは言い難い。今冬にはメフディ・ベナティアも去り、アンドレア・バルザーリも引退を宣言している。センターバックの層は確実に厚くしておきたいところで、ここが最も手を加えるべきポイントなのかもしれない。

クラブが悲願とするチャンピオンズリーグ制覇は今季も実現しなかったが、今夏の市場でチームを強化できるのか。ロナウド1人で決勝トーナメントを勝ち抜くのはさすがに厳しかったか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ