“ドレイクの呪い”とは何? アーセナルもPSGも餌食になった2ショット

クルザワも2ショットを撮っていた photo/クルザワのInstagramより

ドレイクの呪いを恐れ、ローマが2ショット禁止に

ここ最近サッカー界でも大きな話題を呼んでいるのが、「ドレイクの呪い」だ。ドレイクとはカナダ出身の世界的ラッパーで、音楽界のスーパースター的存在だ。そんなドレイクを巡って気になる出来事が続いている。

ドレイクと2ショット写真を撮影した選手たちの所属するチームが次々と負けているのだ。例えば今月3日にアーセナルFWピエール・エメリク・オバメヤンがドレイクと2ショットを撮ったところ、4日後のエヴァートン戦に0-1で敗北。チャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのトッテナム戦でPKを失敗したマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロもドレイクと2ショット写真を撮っていた1人だ。

さらに今節はパリ・サンジェルマンがリール相手にまさかの1-5で大敗。パリ・サンジェルマンではDFライビン・クルザワがつい最近ドレイクとの2ショット写真を自らのInstagramにアップしていたため、これもドレイクとの2ショットが影響したのではないかと話題を呼んだのだ。

米『ESPN』は「ドレイクの呪い」と注目しているが、ローマに至ってはシーズン終了までドレイクとの写真を禁止しているという。写真にどこまでの影響力があるかは分からないが、不吉な黒星が続いているのであれば用心するに越したことはない。

こうしたジンクスのようなものは常に注目を集めるが、その影響はどれほどのものなのか。大切なシーズン終盤に奇妙な話題がサッカー界を包んでいる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ