鹿島が「奇跡のカムバック」 アジア王者の意地を海外メディアも絶賛

土壇場で逆転ゴールを決めたセルジーニョ photo/Getty Images

数的不利の中、後半ATに2発

鹿島アントラーズは9日、AFCチャンピオンズリーグのグループE第3節で、慶南FC(韓国)と対戦した。

守護神を務めるクォン・スンテが、前半アディショナルタイムに負傷交代を余儀なくされるなど、敵地で苦戦を強いられた鹿島。56分にオウンゴールで先制点を献上し、71分にCKから追加点を奪われ、2点のビハインドを負うことに。しかし、ここから鹿島がアジア王者としての意地を見せる。

75分にオウンゴールで1点返すと、その後DF犬飼智也が2枚目のイエローカードを提示され、数的不利の状況になるが、鹿島の勢いは止まらない。後半アディショナルタイムの91分にFW金森健志がFW安部裕葵の折り返しを合わせ、試合を振り出しに戻す。さらに直後の93分には、セルジーニョが右足で豪快なシュートを叩き込み、値千金の逆転ゴールを決めたのだ。試合はこのまま終了し、鹿島が3-2で勝利を収め、首位をキープしている。

後半アディショナルタイムの2ゴールで、劇的な逆転勝利を飾った鹿島を、大手スポーツメディア『FOX SPORTS』のアジア版も絶賛。「奇跡のカムバック」の見出しとともに「現ACLチャンピオンの鹿島が2点のビハインドから、アディショナルタイムに2度のゴールを記録し、3-2で信じられないような勝利を獲得した」と取り上げている。

ACL連覇へ向けて、王者・鹿島はこの勢いでグループリーグを突破することができるのか。同クラブは次節、24日に慶南FCをホームへ迎え入れる予定となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ