1年間のパス成功率が”94%”! 世界最高のパサーと証明した天才司令塔

レアルのクロース photo/Getty Images

失敗したパスはたったの……

これほどまでにパフォーマンスに波がなく、安定しているパサーも珍しいだろう。2018年のリーガ・エスパニョーラで驚異のパス成功率94.2%を記録した選手がいる。

レアル・マドリードでプレイするMFトニ・クロースだ。データを紹介しているのはスペイン『MARCA』で、最低でも2018年に15試合はリーグ戦をプレイしていることが今回の企画の1つの条件となる。クロースは2018年に26試合プレイしており、出したパスの合計数は2125本だ。そのうち成功は2003本となっているため、失敗したパスは僅か122本ということになる。

同メディアは「クロースは改めて世界最高のパサーの1人であることをリーガで証明した」と伝えており、クロースのパス成功率は異常だ。パス本数で見ればクロースを超えている選手もおり、例えばレアル・ベティスDFアイサ・マンディは2531本、バルセロナMFイヴァン・ラキティッチは2676本のパスを出している。しかしマンディはそのうち2343本が成功となっているため成功率は92.5%、ラキティッチは2436本が成功で成功率は91%だ。成功率ではクロースに及ばない。

今季クリスティアーノ・ロナウドを失ったレアルはパフォーマンスが批判されることもあるが、クロースのパス成功率に変化はない。指揮官がフレン・ロペテギ、サンティアゴ・ソラーリに代わろうとも絶対の存在感を放っており、これほど計算しやすい選手も珍しいだろう。派手なプレイをする選手ではないが、試合中にほとんどミスをしないクロースの凄さは誰もが知るところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ